© 2017 きもの仕立て尾張屋 03-3751-2229 〒145-0074 東京都大田区東嶺町11-8

ご挨拶

着物文化には、日本人らしい考えが息づいています。

例えば『モノを大切にする』ということ。

傷んで、古くなれば子どもの着物として縫い直し、

それも難しければ、布団や座布団に。

端切れは巾着や紐を作るために用いて、最後は雑巾に形を変える。

布一枚の命を余すことなく永く使う。

"心を砕いてものを作り、できた物の命を全うする"

これこそ「和」の心意気で、日本の魅力です。

尾張屋の裁縫は、すべてが「手縫い」。

一枚の反物に染め、織り、そして刺繍と様々な作り手が加わっています。

私たちは、その反物の魅力を引き立てる為に一針単位で調整し、

確認ができる手縫いを大切にしています。

一針一針、思いを込めて正確に縫うことで、お客様が袖を通したとき

極上の着心地を実現することができます。

「一人でも多くの人に"着物の素晴らしさ"を伝え、

着物を通じて日本文化の魅力を知ってほしい」と願っております。​

​尾張屋 四代目 森岡 正博

*東京マイスター

*一級技能士

*一級和裁士

*職業訓練指導員