江戸友禅絵師「彩鬼」作品紹介


彩鬼(さいき)

本名 なすさちお

絵師、友禅作家

1947年岩手県大東町に生まれ、高校卒業後荒井照太郎に師事。

秩父宮妃殿下の振り袖や訪問着をはじめ、三井・岩崎家など

日本を代表する人々の着物を手掛ける。

28才の時独立。

高田馬場に『友禅工房那須』を設け、ホテル・オークラなどで展示会を開催しトップレディーの着物を制作、一流を目指し活躍したが奇しくも途中闘病生活に強いられた。

その後、一流とか誰それの着物を作ったかとではなく、自分が楽しみながら

創作することの大切さを知る。

2007年2月:国際交流文化部マンチェスター美術大学客員教授に就任し

現地イギリスにて講演

2008年1月:三井ガーデンホテル副支配人研修会にて講演

        テーマ「リベラルアーツと人間陶冶」

上記額裏の題名は雲影濤聲(ふううんとうしょう)(雲の影波の音)で

意味は「風が吹き雲が流れ波がさわぐ」です。

また、個々の説明が次にあります。

松  

室町時代のリアリズム、優美の風情

孤高烈風を凌(しの)ぎ快事自ずから守り、清廉潔白

日本の代表で松は儒教では節操の象徴。

儒教では不良長寿の象徴。

桃山時代 中国歳竇(さいとう)三反図より松竹梅

松は力強く、竹はつよく、梅は香りの花、

益荒男振りを賞して巨松に託す 雄々しい心情。

墓地に松を植え歳の神 宗教儀礼民族宗教を代表する木 国松

牡丹

「富貴草」または皇(すべらぎ)の花 富相華唐草紋

中国盛唐貴族文化の象徴 楊貴妃の花  艶治(えんや)を競い富貴を象徴

鎌倉後期 禅文化の摂取。

獅子

玉取獅子となっており 牡丹は獅子を華やかに彩る

素材 鎌倉時代後期に富貴な気風と 大者の風格を示す

獅子と牡丹、龍と翠、竹と雀、鳳凰に桐、桃山時代の象徴。

男物羽織の額裏 「連獅子」

© 2017 きもの仕立て尾張屋 03-3751-2229 〒145-0074 東京都大田区東嶺町11-8